福岡・博多 深発見!「福岡検定」

体験インタビュー

長谷川 法世

長谷川 法世 はせがわほうせい

漫画家。『博多っ子純情』やNHK朝ドラ「走らんか!」で全国に博多ブームを巻き起こした。平成15年より、「博多町家」ふるさと館館長。

オフィシャルサイト
http://www.hakatamachiya.com/
長谷川法世さんの考える福岡市の魅力は何だと思いますか?

2000年の歴史を持つ福岡は、太宰府とともに日本の外交の玄関口として昔から発展し続けている。福岡の歴史はどこを切っても面白くて楽しい話題ばかりで、ゾクゾクさせてくれる街です。

「福岡検定」プレ検定を受験してみてどうでしたか?

試験らしきものは40歳の時に運転免許の試験を受けて以来なので、ドキドキしながら受けました。こんな楽しくて難しいものよく作ってくれましたね。(笑)
いつも歩いているこの郷土のことでも知らないことは沢山あります。
普段、生活圏内でしか物事を見ていない私たちですが、福岡検定を通して、自分の街を見直すいい機会になると思っています。

「福岡検定」を一言でPRしてください。

是非、是非、みなさんの知らない素晴らしい福岡をもっと知ってもらうために、福岡検定を受験してみてください。